インフルエンザの威力と英語が堪能な薬剤師さん

少し前に、インフルエンザにかかりました。
10年ぶりにかかったインフルエンザ・・・。本当にあの威力はすごいです。
関節痛、悪寒、発熱、全身の倦怠感、どれをとってもものすごい威力。
体へのダメージが半端じゃないです。
発熱は39℃弱で、自分的にはそれほどでもなかったけれど、体がだるくてだるくてつらかった。

発症する2日前に家族がインフルエンザにかかっていたので、なんだか節々が痛い?寒気がする?と感じた時点で、すぐにインフルエンザと思ったけど、病院に行ったらやっぱりそのとおり。
検査をして、再度呼ばれて診察室に入ったら、医師がマスクを必死に固定してたので、陽性だと確信しました・・・。

続いて調剤薬局へ行くと、処方せんを見るなり「リレンザ?!リレンザ!在庫大丈夫?!」と必要以上の大声が薬局内で飛び交っていました。
この人インフルエンザです!要注意!みたいな合図でも薬局内であるんだろうか。
ここの薬局には英語を話せる薬剤師さんがいるのですが、とっても流暢な英語で「Relenza!Relenza!!」とも聞こえてきました。
⇒⇒薬剤師 求人 英語

リレンザはあんまり効いた気がしなかったけど、(10年前にタミフル飲んだ時のほうが、すっきり治ったような?)
発熱が2日続いた後、とりあえず解熱しました。

その後、ひどい鼻水鼻づまりに悩まされましたが、なんとか治った頃。10日後くらい?
なんとまた発熱!
関節痛、悪寒、発熱、全身の倦怠感・・・インフルエンザと全く同じ症状が再び!
しいて言えば、発熱が38℃程度と少し低めでしたが、これはもう再びインフルエンザに違いないと確信して病院に向かいました。

受付の人も、医師も、この発熱ならちょっと・・・という感じで、10日前にインフルエンザやっていても、ごく稀にまたかかる人もいるとのことで、再び検査をしました。
結果、陰性で、ただの風邪とのこと。
インフルエンザで体が弱っていると、風邪もひきやすいのかなと思いました。
インフルエンザでなかったとはいえ、10日以内に2度もインフルエンザの検査をする人もそんなにいないのではないかと。

しかし、今回は予防接種を受けていたのにもかかわらず、発症しました。
手洗いなども気をつけてはいたけど、これはもう防ぎきれないのかなと思います。